Ray=Out!

趣味と遊びとちょっと仕事、日常を楽しむガラパゴスブログメディアです。

auのピタットプランが格安スマホ並みの料金になると聞いて説明を聞いてきた

スポンサードリンク

f:id:haro33takoshi:20170801165200j:plain

2017年7月14日にauが発表した新料金プラン「ピタット」と「フラット」。両方共世間を騒がせているためか、安い、安くなるという情報だけが先走りしている感がある。そのためまとめサイトやネットユーザーはこの情報に踊るかのように記事が乱立していて、何が本当なのかよくわからないので実際にauに行って説明を聞いてきました。

 auのピタットプラントはどんなプランか?

f:id:haro33takoshi:20170801165428p:plain

auノピタットプランは4G LTEスマートフォンの専用プランで、データの利用料金が0Gから定額となり、1Gごとに利用料金が自動で変更されるというプランです。

例えば先月は0.88Gデータを使ったとしましょう。

従来のLTEプランだと、どれだけギガを使っても定額のLTEフラットと毎月使用のギガ量を決めて定額を払うプランのどちらかでした。そのため定量のギガ数に達していなくても高い定額料払い、ギガ量を決めて払う場合、定量を超えて使用すると通信速度が落ちてしまい、ギガを買い足さなければいけませんでした。そのためどちらのプランでも割高感が強く、格安スマホ業者への利用者流出の原因にもなっていました。

しかし今回発表されたピタットプランは定額を決めて払うことはせず、毎月自分が使ったギガ数に応じて自動で料金を決めてくれるプランなのです。

auピタットプランの概略

  ~1G ~2G ~3G ~5G 5G~20G
1年目 1980円 2980円 3480円 4480円 5480円
2年目以降 2980円 3980円 4480円 5480円 6480円

ピタットプランの概略は上記の表の通り。ただしこちらの料金にプラス通話料がかかるのと、一年目はキャンペーン中で上段の価格、2年目以降は1000円上乗せになるので注意が必要です。

auフラットプラントはどんなプランか?

f:id:haro33takoshi:20170801165742p:plain

同日に発表されたフラットプランは20Gバイト以上のデータを毎月使う方のためのプランで、公共の場やお気に入りのカフェなどでスマホとPCをテザリングして使うようなロハスワーカーやセミナーや動画中継をする事業者にはおすすめのプランです。

また個人の利用で毎月20Gを超えてしまう方は検討の余地のあるプランです。

 

表をみてもらうとわかるのだが、毎月3G以下しかデータを使わないならピタットプランが安くなる。5G以上使うのならauフラットプランで毎月20Gと設定して定額を払ったほうが良さそうです。

というわけで・・・プラン変更に行ってきた

と、ここまで勉強して近くのauショップへ行ってきました。

流石に発表したてということもあり、店内は待たされるようで、40分ほど待たされます。平日なのに混んでますね・・・。

先に結論から言うと、夫婦2人で月に5000円近く利用代金が安くなりました。

うちは夫婦でauを使っていて、僕はアンドロイド、ヨメはiPhoneと機種がバラバラなのです。どうやら現時点でiPhoneの新規契約でこのプランは使えない模様。iPhone8が9月発表って噂されてるのに、どうなんだろね?

でも2人で5000円ってどんだけ無駄にお金を使ってたのかわかりませんね。

先ずは僕の内訳から

僕が使ってるのは中古で一括購入したXperiaSOL22、2年落ちの古い機種なのですが、性能もいいし満足して使ってます。で、毎月大体8000円(5Gプラン+カケ放題)からこのピタットプランに替えてみました。

計算の内訳は・・・

①データ使用が毎月2Gほどだった。

②通話が多くカケ放題を最大限に利用している。

で誰でも割に加入していて、見直し後は・・・

①ピタットプラン2G:3980円

②通話料かけ放題:2700円

なので2980+2700=6680円になる見積もり。

実際うちではWi-Fiを繋いでいて、LTEも常時接続の設定を切ってるので意図的に1G以内に抑えると4680円になるのです。格安スマホ並の代金ですね。現実的に取材や出かけた時にスマホを使うので2G料金が正解だとしても、前月より500円以上安くなります。

次にヨメの内訳を見てもらいました・・・

ヨメの使ってるスマホはiPhone SEで、昨年9月に機種変したばかり、機種代も支払い中です。そのため僕よりも少し高めの毎月9800円の代金が掛かってます。

で、こちらもピタットプランに変更して、合計で6647円。

で、内訳は・・・

①データ使用量が1G以内だった。

②5分以内の通話が月に数回ある。

③機種代金が発生していて、その割引も受けていた。(2667円から1980円割引)

で見直し後の内訳は・・・

①ピタットプラン1G:2980円

②スーパーカケホ:1700円

③機種代金:2667円

合計2980+1700+2667=7347円

見直し前は9800円ほどだったので2453円安くなりました。機種変更から1年、残債が残り1年あって、このピタットプランにすると機種代の割引が受けられなくなりますが、実質安くなりますね。

宣伝にだまされないようにしましょう!

ビッグニュースキャンペーン
新規契約(MNP含)または機種変更(4G LTE androidスマホ購入)と同時に、
「auピタットプラン/auフラットプラン」にご加入でご加入の翌月から▲1,000円×最大12ヶ月割引
本キャンペーンは、au既存ユーザーのプラン変更時は対象外です

 特に青文字に注目!既存のユーザーはこのビックニュースキャンペーンの対象外です。なのでプランを変更したとしても何だかなって感じですね。まぁ、ヨメの携帯代が2000円は確実に安くなったこと、自分の携帯代は500円ほど安くなるので、良しとしますか。あと、auにしておきたいのは安心感ですね。格安スマホのキャリアって、あまりいい話聞きませんから。auであること、国際線でJALやANAに乗ることとほぼ同じ。

auユーザーならプラン変更を検討されては?

今回のauの発表には驚きですが、このプラン実はあまり大々的に知らせていない事実があります。それは・・・誰でも割に2年縛りがある事。もし期間内で他者に切り替えると9500円の解約手数料が発生します。

あと、既存のユーザーにはあまり朗報って訳でもないですね。どうせなら全ユーザー対象にすればいいのに。

このことはどこのメディアも取り上げてませんね。しかも2年目からは自動的に1000円値上げ。auヘビーユーザーならまだしもこのプランだけでauに移ってくる人はほぼいないでしょうね。

僕はかれこれ20年auユーザーなのと、通話も通信も安定して使えるためauから変更するつもり無いのですが、長く使ってるユーザーにたいして使わないギガのプレセントするより使用年数×100円くらいの値引きサービスがあればいいのに。

そうすると12年(一度落水で番号ごと変更)×100円=1200円で、これだけ割り引かれると「あぁ、au使っててよかったなぁ~」なんて思うのですが、どうなんでしょ!