Ray=Out!

趣味と遊びとちょっと仕事、日常を楽しむガラパゴスブログメディアです。

流行るか!?「スパイベイティング」【入鹿池 バス釣り】

スポンサードリンク

YouTubeを徘徊してたらよく知った顔が出てますね・・・

最近アメリカのトーナメントシーンで流行りのスパイベイティング。その解説と威力を入鹿池の有名人「古川仁志」氏が解説しています。

スパイベイティングって何?

 

 ルアーメーカーさんのDUOが出しているスピンベイトを使った中層スイミングのことです。基本的に魚探でベイトフィッシュの層を見ながらの釣りになり、スティックベイトを使った中層スイミングより簡単そうに見えます。


ルアー合衆国/入鹿池でSPY BAITING!!

上記の動画に詳しく解説されていますので、見てみてはいかがでしょう?

さて、詳しく解説されているのでほぼ説明は不要かもしれませんが、この釣りかなり忍耐が入ります。ワームの中層スイムと違う点は投げて巻くだけ。コレだけで釣れてくるように思えますが、動画中にリールを巻くシーンと、根掛かりを外すシーンが有ったと思います。全てにキモはそこに隠れていて、巻き方、水深のキープの仕方、根掛かりの外し方に加えて、古川さんが使用していたロッド、ここにも着目してほしいです。

バットが太い割にペナペナなロッドだよね・・・

もう一度、動画を見返してみてください。古川さんが使っているロッド、大した大きさのバスでもないのにやけに絞られてると思いませんか?バットが太い割に、えらくしなってますよね?そのロッド、以前エバーグリーンから発売されていた「コンバットスティック スーパーノヴァ」です。

7ftのグラスロッドで、ディープクランク用に思われがちなのですが、スピンベイトみたいなフックも小さいルアーはフッキングがどうしても向こう合わせになってしまいます。そのため最近のカーボンロッドだとヒットした時に弾いてしまい、魚にかからないことが多いのでしょうね。

グラスロッド+スピンベイトが隠れたキモになってます。って、簡単に言いますが、グラスロッドは慣れが必要、しかももう売ってない(新品ではない)ので中古の量販店で見つけたら即買いしてもいいかもです。

最近のグラスロッドは軽さを追求してカーボンコンポジットであることが多くなってます。例えば・・・

 

シマノ ベイトロッド ゾディアス  バス 170M-G 7フィート

シマノ ベイトロッド ゾディアス バス 170M-G 7フィート

 

 これ、シマノのゾディアス。このロッドが今のところスーパーノバに一番近いかな。ちょっとだけチューンしないといけませんが、もし今新品で売ってるロッドで、スピンベイトを巻けって言われたら、僕ならコレを使います。

ベイトフィネスロッドでもいいように思えますが、ティップで掛けるロッドはやはり小さなハードベイティングには向かないかもしれません。それとバラシが多くなります。

グラスロッドの利点をもうひとつ。それは魚が違和感なく吸い込むので、フッキング率が高くなります。

そこはもう、何十年とアメリカのトーナメントシーンからグラスロッドがなくならないことが物語ってる事実。みなさんも一度グラスロッドを手にとって、魚をカケてみてはいかがでしょう?