Ray=Out!

趣味と遊びのスローライフメディアマガジン

男の子はなぜロボットアニメが好きなのか?を真剣に考察してみたVol.2

スポンサードリンク

f:id:haro33takoshi:20170704170705j:plain

画像引用:機動戦士 Zガンダム (@sing_of_zeta) | Twitter

前回の続き、80年台後半のロボットアニメをまとめてみましょう。

 

80年台最高視聴率「機動戦士Zガンダム」

機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.I (特装限定版) [Blu-ray]

機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.I (特装限定版) [Blu-ray]

 

 1985年から1年間放送されたZガンダム、実はガンダムシリーズで一番の高視聴率だったのです、ご存知でしたか?僕はガンダムシリーズのプラモデルが結構好き。1stよりもZに思い入れがあるので、百式とかZガンダムとかのHGがリニューアルされる度に買ってしまいます。今では作ってもないHGが押し入れの中に・・・

 

ちなみにこれ、HGのZガンダムです、最近やっとリニューアルされたモデル。ハイパーメガランチャーがあればよかったのですが、なし(涙)。リニューアル後のキュベレイや百式は完成度が高く、素組でも継ぎ目が上手くごまかされてましたね。

 

HGUC 1/144 MSN-00100 百式 (機動戦士Zガンダム)

HGUC 1/144 MSN-00100 百式 (機動戦士Zガンダム)

 

Zシリーズで一番好きなMSがこちらの百式。だってほら、豪華じゃないですか!あと潔い武装の数々、ライフルとサーベルのみのシンプル武装。高出力MSなのに何度か雑魚MSにやられそうになるやられっぷり。そこがね、素敵なのです。

 

HGUC 195 機動戦士Zガンダム キュベレイ 1/144スケール 色分け済みプラモデル

HGUC 195 機動戦士Zガンダム キュベレイ 1/144スケール 色分け済みプラモデル

 

敵MSでおすすめはキュベレイ。パーツ数も少なくて、仕上がりもきれいなので飾ってよし、遊んでよし。百式と一緒に並べたいですね。

あ、Zだけで1000字。。。僕はTV版のエンディングが好きなのです。(カミーユが酸素欠乏症になる方ね)。あとガンダムは宇宙世紀の物語が純粋で面白い。あ、この辺は最後の項に詳しく書きます。

ZZガンダムは歴史から抹消されそうなアニメだ!

機動戦士ガンダム ZZ Part-1 ― メモリアルボックス版 [DVD]

機動戦士ガンダム ZZ Part-1 ― メモリアルボックス版 [DVD]

 

Zガンダム放送終了後、もう1年放送されたガンダムがこちらのZZガンダムですね。ガンダム→Zガンダムの流れはアムロとシャアの話、ただしこのZZに限ってはアムロもシャアも出てこない!唯一ガンダム臭がするのはブライト艦長とミネバ・ザビだけ。ただしこの話がないとユニコーンが存在しません。(プルシリーズがなくなってしまいます)

Zガンダムの映画3部作はエンディングがちょっと違うので、ZZがなくなってます。そのまま逆シャアに続く道筋なのです。(個人的にそう思うのです)

 

ZZガンダムは非常に個性的なMSが出てきます。このハンマ・ハンマや・・・

 

ガンダムコレクション 1/400 NZ-000 クィン・マンサ (機動戦士ガンダムZZ)

ガンダムコレクション 1/400 NZ-000 クィン・マンサ (機動戦士ガンダムZZ)

 

クイン・マンサがそうですね。でも個人的に好きなMSは・・・

 

HGUC 1/144 AMX-011S ザクIII改 (機動戦士ガンダムZZ)

HGUC 1/144 AMX-011S ザクIII改 (機動戦士ガンダムZZ)

 

ストーリー終盤にマシュマー・セロが乗ってたザクⅢ改。何故かサイコミュ搭載のザク。かっこいいしマシュマーが好きってのもあるのですが・・・。

80年台はガンダム1強、他のロボットアニメはあまり目立ちませんでしたね。。。

唯一ガンダムに対抗した「機動警察パトレイバー」

機動警察パトレイバー メモリアル・コレクション・シリーズ PATLABOR ORIGINAL SOUNDTRACK ALBUM VOL.5“INQUEST”

機動警察パトレイバー メモリアル・コレクション・シリーズ PATLABOR ORIGINAL SOUNDTRACK ALBUM VOL.5“INQUEST”

 

色々画像を検索してきて、この絵が一番かっこいい。劇場版の零式。

天才、押井守の世界観と漫画家ゆうきまさみのストーリー性が見事に融合した作品でした。

特にテクノロジーの部分で、現代に実用化されている技術も多く、これが1980年台後半に描かれたアニメだとは思えない。

携帯電話やモーションコントロール、深海探査船は既に実用化されたレベルの物、作中に出てくる2足歩行ロボットはOSさえ実用化できればもうそこまで完成されている。未来を観ていた少年にはほんと刺激的なアニメでした。

週刊誌少年サンデーで連載されていたこともあり、ギャグ漫画の要素も持たされているけど、作中のレイバーは観ているものに影響を与えるデザイン性に優れたロボばかり。あと数年もすればこのようなロボットが港湾辺りで活躍するんだろうなぁなんて思ったりするのだ。

80年台後半まとめ

ざっくり駆け足で紹介してみました。個人的に好きな作品ばかりですが、これらの他にも「魔神英雄伝ワタル」や「魔動王グランゾート」など広井王子作品が座巻していたときもありましたね。ただこの2作品はファンタジー要素が多かったため流してみてましたが、ストーリーは好きでした。

ガンダムシリーズはZZガンダムが終了してから、ある意味迷走を始めます。ネタが尽きたというよりも、ファンタジーの方がウケる、と思ったのでしょう。しかし硬派なファンはアムロとシャアがどうなった?と気にしているわけでして。。。

Zガンダムは2000年になってから作画もリニューアルされ劇場3部作として復活。ただしストーリー展開に無理がありすぎて、ユニコーンまで話がつながらないという残念な作品になってしまった様に思えます。エンディングも変わってしまいましたし、何よりキリマンジャロの話がない!ファが強すぎて駄目。シロッコの悪代官ぶりがよくわからい等々、ぐちを挙げればキリがないのですが、本日はこの辺で・・・

さて、次回は本題の「男の子はなぜロボットアニメが好きなのか?」を作品を抜きにして考えてみます。