Ray=Out!

趣味と遊びとちょっと仕事、日常を楽しむガラパゴスブログメディアです。

春爆予想!春の入鹿池はコレを使え!

スポンサードリンク

春です。桜も満開を迎えました。

僕の良く行く入鹿池、春の装いにちぇーんじ・・・コイやフナがシャローをはたきまわっています。

さて、今回は趣向を変えて(ちょっと王道を外れて)これまで僕がボート釣りで経験してきた春必殺のルアーを紹介!意外なのもあるかもですが、おつきあい頂けたら幸いです。

春はシャローを巻け!は嘘だ!

実に多くの方が春=シャローだと勘違いしている。正解ではあるんだけど、不正解。4mラインを意識してシャローを攻めていかないと魚はいないのです。特に入鹿池はね。

春先に巻物でガンガン押しているバサーを見てると、ちょっと残念になる。巻物じゃないんだな。釣りたいならラインの存在を意識しなきゃ、イマイチ釣果は上がらないのだ。

ネスト釣りはしないので除外するが、産卵前後のバスを狙うことになるから、バスをひきつけて仕留めるには+αの何かが欲しい所。ちょこっと考えれば判るのだが、水温がぬるんできた=生き物が豊富に活動しだすということなのだ。

何を使えばイージーに釣れるのか?

今の入鹿池は水深が深くても15m(最大水深)で、池全体に水がある。そうなるとバスが散って産卵を終えたメスは深場に入る。とはいえあまりに寒いところはエサになるベイトがいないため、シャロー近くのディープに待機する傾向があるのです。

ディープクランクやスピナーベイトでも多分釣果はあげられるのですが、条件が揃わないとなかなか難しい。それだけ入鹿池のバスはベイトにセレクティブになってきていると最近は感じています。さて、そうなると何が効くのか?になりますが、ズバリ「キャロライナリグ」が一番近道です。それもちょっと大きめのワームを使ったキャロがオススメ。

例えば・・・

 

ZBC(ズーム) ルアー ブラッシュホッグ 022-096 スカッパノン

ZBC(ズーム) ルアー ブラッシュホッグ 022-096 スカッパノン

 

 ZOOMのブラッシュホッグ、コレは僕の中で定番。ショートキャロでちょっと軽め(10g位のシンカー)を使用して3mから4mラインをズルズル引いてきます。パーツが多く水をきちんと動かしてくれるのでオートマ的にバスが釣れます。

 

ノリーズ(NORIES) ルアー エスケープツイン #352 ブラッシュパイルクロー 10694

ノリーズ(NORIES) ルアー エスケープツイン #352 ブラッシュパイルクロー 10694

 

 ノリーズのエスケープツインもおすすめ。理由は同じです。

 

ZBC(ズーム) ルアー デッドリンガー 017-019 ウォーターメロンシード

ZBC(ズーム) ルアー デッドリンガー 017-019 ウォーターメロンシード

 

 こちらのZOOMのデッドリンガーもいいですね。コレは反則級に釣れます。場所を選びますが・・・。

なぜキャロなのか?

キャロライナリグじゃなくてもいいのですが、釣果が上がるのは圧倒的にキャロです。理由は3点・・・

  1. リーダーより下がノーシンカー状態で弱々しくアピールできる。
  2. シンカーの重さで飛ばせる。船や人のプレッシャーを極力抑えることができる。
  3. ラインコントロールがし易い。

注目してほしいのは3で、うまくなればラインの存在を消しながらルアーを引いてこれる。コレはもう公然のシークレットで、バスがルアーを見切る理由は、バサーの動かしすぎが原因。ちゃんと張らず緩めずができるバサーは確実にこの時期釣果を上げています。

まとめ!

いかがだったでしょうか?春の攻略法を軽くまとめてみました。

春爆はもうすぐです。11日の大潮で第一陣が乗っかるはず。しかも満月の大潮なので深いところでネストを張るから見にくい釣りになります。

見えてる魚より見えていない魚のほうがサイズもデカイし何より「釣った感」がにじみ出ます。それにレベルアップにもなるので是非挑戦してみてください!